上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
♪ワッショイワッショイワッショイワッショイ♪


♪ソ~~レソレソレお祭りだ~~~~~♪



「お祭り忍者」なんて、今時の若者は誰も知りませんね。


そうです、お祭りなんです!!!!


というわけで、本日7月3日からここプリーでは
1週間以上に渡って行われる、「インド4大祭り」のひとつ
ラタジャートラが始まりました。

簡単にどんな祭りかを説明させて頂くと、
もともとはプリー周辺の土着の神様で、
いつの頃からか「ヴィシュヌ神の化身」、
そして、現在は「宇宙の主」として奉られる
ジャガンナート神を讃えるお祭りです。

人々は3つの巨大な山車を作り、ジャガンナートの兄妹の
バラバドラ神スバドラー神と共に
3体の神を山車に乗せ、ジャガンナート寺院を出発して街を練り歩きます。

DSC_2228.jpg

ちなみに、コチラが神様が普段おわすジャガンナート寺院。

DSC_2261.jpg

12世紀に建築された巨大な白いパゴタ(塔)の聳える、
「オリッサ建築の最高傑作」と唱われるお寺ですが、
コチラはヒンドゥー教徒以外は立ち入り禁止です。

インド全土から数十万を超える巡礼客が来るとのことで、
お祭りの始まる数日前でさえ、街は凄まじい熱気に包まれます。
夜店を除く楽しそうな家族連れや一般観光客に混じって、
楽器を鳴らしながらやってくる白装束を纏ったバラモンの集団や、
牛と一緒に、小汚いサドゥーが寺院の前に腰を下ろして、
お祭りの始まりを今や遅しと待ちわびています。

DSC_2264.jpg

山車も本番直前まで急ピッチで建築が進められています。

DSC_2295.jpg

DSC_2271.jpg


そして迎えた本番当日の朝。


普段は静かな漁村に鳴り響くヒャラヒャラと甲高い音を響かせるインド音楽、
表通りにプープーピーピーとひっきりなしに鳴り響くクラクション、
子どもたちのはしゃぐ声、オバチャンたちの賑やかな笑い声が渦巻き、
穏やかな海辺の街が異様な熱気に包まれているのが分かります。


さて、この祭り。


実は非常に危険なことでもその名を知らしています。


無礼講の雰囲気に調子づいたインド人どもに、
モミクチャにされるだけではなく、ポケットの中を集団で弄られたり
女の子なら、四方八方から手が伸びてきて集団痴漢をされるという、
大変に恐ろしい逸話を持つイベントでもあります。


そんな危険な祭りの渦中に飛び込むのは危険。


だけど、山車は引っ張りたい。


ということで、

「だったら自分たちで山車を作ってしまおう」



というプロジェクトが立ち上がり、それに途中から俺も参加させて頂いたわけです。

DSC_2158.jpg


…といっても、
俺が参加した頃には既に形は出来上がっていたので、
俺は色塗りから参加。

ジャガンナート神が乗る黄色の山車を、
みんなでペンキとポスカを駆使して、色を塗り塗り、絵を描き描き。

DSC_2173.jpg


まぁ、地味な作業なので、制作エピソードに特別な話題はないのですが。

その代わりと行っては何ですが、地元のメディアが
「何か、日本人がヘンなことをしているらしい」
匂いを嗅ぎ付けて取材に来たのですが、何と、新聞に載ってしまいました!!

DSC_2307.jpg

俺の名前が「Kensuke Eto」になっていましたが、
その辺りは、インド特有の雑さということでご愛嬌。
余談ですが、一緒に作業をしていたヨシヒコ君に至っては、
「Yeshiviko」という読むのさえ難しい名前で紙面に登場していました。


とりあえず、インドメディアに名前付きで進出!!

ついでに、TVにもアホ面をさらしてしまいました。


DSC_2108.jpg


たまたま最初にTV取材が来たときに、英語が話せたのが俺だけだったので、
インタビューを請け負ったのですが、そのせいでコレより後、
5、6回TVのインタビューに答えることに。

それにしても、英語で、しかもインドで、
インタビューに受け答えをするって難しい。

まず、リポーターの英語がヒンドゥー訛りが強過ぎて、
何を質問しているのかサッパリ分からない
という時点で問題です。

宿のオーナーの助けを借りつつ、
ウソ八百を並べ立てて何とか難局を乗り切ったのですが、
(ついでに、「ジャガンナート神と仏教の繋がりはあると思うか?」
とか聞かれるんだもん。そんなこと突然聞かれたって知らねーし!!)



後からTVで放映された、自分の姿を見て思いました。






いつの間にか、










俺の英語までスゲェインド訛り。












あまり抑揚のない1本調子、微妙な巻き舌。



ちょっと待て!!




俺、もうちょいきれいな英語話せてただろ!?



無意識のうちに、耳&しゃべりまで影響を及ぼすインド。


改めて、恐ろしい国だと思いました。


そんなカンジで地道にみんなで作業を進めていった山車も無事完成。

本番当日、中央にジャガンナート神を添えて、
日本人の作った山車が、いよいよ出陣となりました。


DSC_2312.jpg


つづく。


 ーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーー


今回もランキング参加してます!!
ぜひクリックしてやってください。狂喜乱舞します。
目指せ首位!!俺を漢にしてやって下さい!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://3shinjourney.blog62.fc2.com/tb.php/93-88bb16f0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。