上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「その国で掛かった病気は、その国の薬で治せ」


という神からの啓示を受け取った私は、宿のオヤジに薬局の場所を聞くと、
節々の重い体を引きずって、近所のローカル薬局に向かったのでした。


インドの薬局!!



…と聞いて、

「スパイス屋なのか薬屋なのか分からないような掘建て小屋で、
ターバン&ヒゲのインド人のオヤジが、
症状に合わせて怪しい木の実や草の根っこなんかを
石臼をゴリゴリ引きながら1から薬を作ってくれる」


なんてイメージを勝手に描いていたのですが、
実際のインドの薬屋。

DSCN0375.jpg

規模は極めて小さいですが、
けっこー普通なカンジの薬局。
足下から頭まで、棚一杯に薬が詰まっているところが
如何にもインド的。


「風邪をこじらせちまったぃ。薬くれい!!」

「どんな症状だ?」

「熱と鼻水だ。いいのあるか?」

「おぅ、任せろ!!」


DSCN0372.jpg

といった具合に棚の中から、
自分の症状に見合った薬を出してくれます。
英語がわからなければ、身振り手振りでも分かってくれると思うので、
パントマイムで一生懸命頑張りましょう。

やがて出されたのは、
日本の薬の倍以上のデカさがありそうな巨大な白い錠剤

DSCN0373.jpg


「朝と晩の2回、水で飲めばバッチリだ!!」


あまりのデカさに「コレ、飲めんのかよ…」と
少々呆然としている間に用法を説明され、
そこでやっと、我に返りました。
よっぽどインド人の喉はデカイのか、それとも手早く終わらせたいだけか、
どうも、「飲みやすいように大きさを半分にして、1回につき2錠」
なんて繊細な考えは、持ち合わせていないようです。


宿に戻り実食。


グフッ、


喉に詰まる!!




風邪ではなく二次災害で一瞬死ぬかと思いましたが、
なんとか薬は喉を通過してくれました。




待つこと30分程。




おぉ!!!!


効果覿面じゃねぇか!!!!


完全回復…とまではいかないですが、
日本の「半分は優しさで出来た薬」とは、
効き具合のパンチが違います。

「非常に分かりやすい効き目」

とでもいいましょうか。


「おぉ、今ならネットも行っちゃって、
ついでにチョウミン(インド焼きそば)くらいなら食えちまうんじゃねぇか!?」



というくらいHighな気分


風邪薬以外の何かが入ってるんじゃねーか?
と一瞬勘ぐってしまいましたが、そこは結果オーライ。

その衝動に従って、ネット屋に行って、焼きそばまで食っちゃいました。


4時間後。


ベッドの上にて再び丸くなる俺。



濡れタオルをデコに乗せ、ウンウン唸りながら思いました。



やっぱ、病気は安静が一番だわ。



反省。



さて、それから後々の日々、マジメに薬を飲み続けて安静にしていたのですが、
それで治ったのかといえば、そうも上手くもいかないのが、インドという国。
一時的に気分は良くなるのですが、やはり結果は一緒です。

またしても一進一退を繰り返しながら、さらに過ぎること数日。


さて、今日はいよいよコルカタを脱出する日…!!


となったのですが、困ったことに風邪をひいて以来、
今までで一番体調が悪い。

38.5度を超える熱に加え、咳、鼻水、寒気のトリプルパンチ。
薬も、ここ数日で飲み過ぎてしまったせいか、
それとも風邪の菌が薬に対して免疫を持ってしまったのか、
ちっとも効きやしません


嗚呼、俺はこのままコルカタの小汚い宿の片隅で、
一生を終え、インドの土塊になってしまうのか…。
嗚呼、せめて俺の灰はガンジス川に流してくれぃ…。



などと、ひとり弱気になり薄緑色の天井でグオングオン
唸りを揚げて回転する扇風機を見つめていると、


そこに思いも掛けない
救世主が登場したのでした。


つづく。



 ーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーー


今回もランキング参加してます!!
ぜひクリックしてやってください。狂喜乱舞します。
目指せ首位!!俺を漢にしてやって下さい!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://3shinjourney.blog62.fc2.com/tb.php/87-c658e23f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。