上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
雨降り止まぬコルカタから、逃げるように抜け出して、
夜行列車で南へ下ること約8時間。

私は今、オリッサ州のひなびた漁師町、プリーに来ています。

車もあまり走っていないここプリー。
昨日からの晴天も手伝ってか、コルカタに比べれば、
100万倍くらいクリーンな空気
お陰で、容態も徐々に落ち着いています。


…かに見えましたが、


昨日の昼過ぎあたりから、
器官が狭まっている&肺がうまく膨らんでいないような感覚で、
どうも、喘息がぶり返しそうなイヤな予感。
何とか今は薬で押さえ込んで、騙し騙し行動をしています。

流石はインド。

油断は禁物です。


さて、話しを少し巻き戻して、
世界でも指折りの「キタナタウン」コルカタ。


DSCN0376.jpg


こうして目を閉じてみて思い出すは、


大雨で外出が出来なかったか、


風邪をひいて外出が出来なかったか


のどちらかの引き蘢りの日々。








嗚呼、屈辱。









折角楽しみにしていたベンガル料理も、結局食わずじまい。

でも、まぁ、しょうがない。

大雨による洪水で、そこいら中から溢れ返った下水、
常に100%近い湿気のせいで、雑菌は繁殖し放題、
しかも、そもそもこのコルカタ。

「ただ1日いるだけで
タバコ200本分もの影響を人体に及ぼす
等と、恐ろしいことを言われるほど、
根本的に死ぬ程空気が悪いのです。


まぁ、逆を言えば


「コルカタを制するものは、インドを制する」


ということにもなるんでしょうが。


30代に両足を突っ込んでしまったせいか、
それとも、バンコクでの運動不足が祟ったのか、
コルカタを制するどころか、
完膚なきまでに叩きのめされてしまった俺
野球なら、2回裏で100対0でコールド負け
といったところでしょうか?


雨期のインドで風邪をひく。


空気の悪さもさることながら、
その辛さを一番増長させるのが、食事です。


だって、インドって、



カレー味でスパイシーな食い物か


油濃い食い物か


スパイシーで油濃い食い物か




三択なんだもん。


風邪ひいてる間に、まともに食った食い物なんて、
バナナだけですからね。


そりゃー、治るものも治らないってカンジです。


とりあえず、持参した薬やら人から貰ったバファリンで
一進一退を繰り返していたのですが、焼け石に水。

一瞬熱が下がったと思いきや、
薬が切れると、たちどころに廃人寸前に。

ある意味、薬中ですね。


うーむ、このままではマズい。


「どうにかならないものか…」と、ミジンコ並みまで退化した
思考回路で必死に対抗策を考えていると、
ふと、先人達のあることばが、脳みその端っこでスパークしました。


「その国で掛かった病気は、
         その国の薬で治せ」




というわけで、重い足を引きずって、
近所の怪しげな薬局の暖簾を潜ったのでした。


DSCN0370.jpg


つづく。


 ーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーー


今回もランキング参加してます!!
ぜひクリックしてやってください。狂喜乱舞します。
目指せ首位!!俺を漢にしてやって下さい!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://3shinjourney.blog62.fc2.com/tb.php/86-7372b55f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。