上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
いよいよ本格的な雨期に入りつつあるここバンコク。


今日は朝一から50mプールをひっくり返したような大雨


一瞬にして屋根から滝の如き雨水がドバドバと音を立てながら滴り落ち
目の前の小道はあっという間に汚い色の小川に早変わり
こんな雨の中、何処かに出かけるのなんて不可能。

レストランのオバチャンたちも、
「雨なんて降ったら客来ないじゃ~ん」と、
店の外で堂々とサボり中。

DSCN0249.jpg


もしトゥクトゥクなんぞに乗ろうものなら、
値段を一気に3倍くらいに引き上げられ(しかもまけてくれない)、
その上、途中の水たまりでマフラーに水が入ってエンストなんていう
ショボイ上に無性に腹が立つ事件に巻き込まれること(実話)間違いなしです。


はい、流石にお天道様には逆らえません。


雨降らば、雨降るよし。


敬愛するJack Jhonson大先生も、
雨が降ったら「♪no need go outside♪」って唄ってるしね。


それにしても、このヒマどう潰そうか。


「おぉ、そういえばコイツがあったではないか!!」


と取り出したのは、


昨日バンコクの電脳オタクの楽園、パンティッププラザで、
80Bで手に入れた、「Jackass 3」のコピーDVD

DSCN0220.jpg

ちなみに、「Jackass」を知らないアナタの為に。

「Jackass」とは、トップスケーターを含む数人のバカアメリカ人どもが、
丈夫な体と豊潤な資本を武器に、果てしなくバカなことにチャレンジする、
ただそれだけ
のムービーである。

参考までに、最新作「Jackass 3D」の一部を
↓↓
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
公式PV

オープニング

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「まぁ、とりあえずビールでも飲みながらコイツを観て、
雨がやむのを待ちますか…。」

と、DVDをパソコンのスロットルにセット。
実は香港時代からお世話になっていた、この手のコピーDVD。
まずこれらの製品は、再生してくれるかどうかが第一関門
CDにてもVCD(ビデオCD)にしても、DVDにしても、
買ってきたはいいが再生してくれず


「嗚呼、この世とは何て不条理なものなのだ…」



とガラスのハートを持つ俺は、
両手を地に付き涙を飲んだことも、
1度や2度ではありません。



「ブゥゥゥゥゥゥウウウウン」という作動音。


そしてDVDPlayerソフトが立ち上がり、画面が真っ暗になる。


オッケーオッケー。


轟音とともに画面に浮かび上がる「MTV」のロゴ。


よし、イイカンジだ。


そして、いつもの「ジャ~ラ~~~~~~~ジャラララ~~~~~~~」
という何故か脱力感を感じるサスティーンの効いたギターソロで始まるテーマ曲が流れ、
コマンドの選択画面が現れました。


「よしっ!!観れた!!微笑みの国の仏陀は、やっぱり俺に見方してくれたか!!」


思わずパソコンに向かってワーイ(合掌)


コップンマークカップ。


そして、「Play all」のコマンドを選択。


ビールを片手にセット。


オッケー、準備は万端だ。


虹をモチーフにしたロゴに制作会社「Dick House」の文字が浮かび上がる。


そして本編のスタート。


スモークに煙るゲートが開き、
華やかに行進してくる、いつのもイカレ野郎ども。


お互いの股間に強烈な回し蹴りを食らわしたり、顔面をどついたり、
今回もオープニングからやりたい放題
です。


Yes、やっぱJackassはコレじゃねぇとな!!


そして、いつものようにこの映画のホスト役のような役割を果たす
ジョニー=ノックスビルが中央に仁王立ちになり、
「Hi!! I'm Johnny Knoxville!! Welcome to Jackass!!」
と中指を突き立てながらタイトルコール!!




Yeeeeeeeeah!!!!!!!
テンションMaaaaaaaaaxxxxxXXXXXXX!!!!!!






と、思いきや、













「サワディーカップ!!
ポンチュー ジョニー=ノックスビル カップ!!」

(こんにちは。私はジョニー=ノックスヴィルです)











えぇぇぇぇええええええええ!!!!!

















タイ語しゃべってるよ!!








ちょっと待て、ちゃんとジャケの裏面に、

「言語 タイ語/英語」

「字幕 タイ語/英語」

って書いてあるの確認したのに!!


DSCN0221.jpg


改めてコントロールバーから「Subject」と「Channel」のコマンドを
探し出し、言語を変えようとするも、そこには選択の余地なし
音声チャンネルは1チャンネルのみ。
どうも、タイ語以外の音声はこのDVDには入っていないようです。



タイ人特有の、妙に甲高い、それでいて鼻に抜ける、
どちらかと言えば間抜けな声でタイ語でしゃべりまくり、
アホなことをしまくるマッチョな白人の男たち。


まぁ、別に言葉がわかんなくても楽しめる映画ではあるけど…。





ものすげぇ違和感。





はぁ…







油断してたわ。





そういえば、以前中国で
「スタジオジブリの全作品が入っている2枚組のDVD」
という、凶悪なまでに著作権を侵害しまくったDVDを友人にお土産として
購入し、一度再生チェックを兼ねて自宅で鑑賞したのですが、



全編広東語

ということがありました。



「風の谷のナウシカ」のユパ様が、
広東語で「あいやー」と言ってたのが忘れられません。



結局、複雑な気分で最後まで、
タイ語でしゃべる、アメリカ人による、アメリカ人的な、アメリカ的バカ三昧を鑑賞し、
何だか「美味かったんだけど胃もたれする料理」を食った後のような気分で
5月14日の午前中を棒に振りました。



気が付くと、雨が小降りになり、
西の空の雲が少し薄くなっていたので、近所をお散歩。


腐臭漂うドブのような運河で子どもが釣り糸を垂れています。

DSCN0257.jpg


「Any fished(釣れたか)?」


と聞くと、理解したのか、



「マイミー!!(なーーーんも!!)」




と、元気よく答えてくれました。



 ーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーー


今回もランキング参加してます!!
ぜひクリックしてやってください。狂喜乱舞します。
目指せ首位!!俺を漢にしてやって下さい!!

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://3shinjourney.blog62.fc2.com/tb.php/47-aaf534c3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。