上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
只今私は、実家のある岐阜にて、
虫歯治療の為せっせと歯医者に通っております
実は母親の勤め先ということもあり、
子どもの頃からお世話になっている歯科医院でもあります。

全然気が付かなかったのですが、相当にデカイ穴が数カ所空いていたらしく、
毎回毎回強力な麻酔と2時間程の時間を掛けて治して頂いているのですが、
その治療の中で、先日レーザーを使って歯肉を焼いたときのこと。

いくらレーザーといっても、やはり人体を焼くわけですから、
当然、僅かながらも匂いが漂ってきます。

その匂い。


焼き肉ソックリなんですよね!!


そう、このブログを長くご愛読して頂いている方はお気付きかもしれませんが、
この「人を焼くと焼き肉の匂いがする」という事実。

これと同じことを旅の間にも思いました。

インドはバラナシの、ガンジス川の畔にある火葬場で、
布に包まれた死体を焼いているのを眺めていたときです。


乾季で意外な程透明なガンジス川の畔に、
青空に吸い込まれるように立ちのぼる数本の真っ白な煙。
何層かに組まれた丸太の上でパチパチと音を立てながら次第に炎に包まれていく
オレンジ色の布に覆われた魂の抜け殻。それを無表情で眺める家族。
親族なのか何なのかさえよくわからない大勢の人々。
うろつき回る野良犬、野良牛、野良山羊。
キャーキャーと声を上げながら走り回る子ども。燃えて行く死体。
それを手にした長い竹竿でバンバン引っ掻き回して燃えるのを促す人夫。
のんびりと河を行き来する船。薪代をせびってくる乞食。
マリファナを売りつけようとしてくるプッシャー。鮮やかに地面に散らばる献花。

色んなものに囲まれながら何とはなしにその火葬の風景を眺めているとき、
鼻をかすめていったのが、焼き肉のような、人の肉が焼ける匂い。

意外な程、気持ち悪くも、抵抗もなく、ただ単純に

「嗚呼、人間も死んじまっら焼き肉になっちまうんだなー」

と思いながら、目の前で繰り広げられている光景を
K子と並んで何となく眺めていました。

そして、歯を治療されながら漂ってくる、自分の歯肉が焼ける匂いに、
「嗚呼、やっぱ俺も死んじまったら同じように焼き肉になるんだろうなー」
と、遠く離れたヒンドゥー教の聖地に思いを馳せがら、
「ちょっと熱いかもしれませんが、ゴメンナサイ」「は~い」と、
椅子の上で口を大きく開けていました。

インドもそろそろ冬ですね。

そのときの詳しい様子を知りたい方はコチラ↓
http://plaza.rakuten.co.jp/3shinjourney/diary/200902090000/

あと、私がお世話になっている「谷川歯科医院」の場所と口コミ情報はコチラで↓
http://women.benesse.ne.jp/kensaku/child_dentistry/127255/s56.html
親切丁寧、先生も優しいので、ぜひオススメです!!


さて、前置きが長くなってしまいましたが、沖縄回顧録第2弾。

DSC_7446.jpg

↑精霊「きじむなー」が大家族で住めそうなくらい巨大なガジュマル。
 読谷図書館の近くにあります。

ホントに、たった2週間の帰郷でしたが、色んなことがありました。

魚に足を食わせにも行きました。

DSC_6623.jpg

「ドクターフィッシュ」という、足の角質を魚に食わすエステ(?)です。
最初はもの凄くクスグッタイですが、慣れると「ジャグジー足湯」といったカンジで
ナカナカ面白いです。俺の水虫を食い尽くしてくれた…はずです。
お魚ちゃんたちが食中毒を起こしていないことを祈ります。

最近産まれた、友達の家の赤ちゃんを抱っこしにも行きました。

DSC_7261.jpg

旅に出る前は、抱っこした赤ちゃんにパーフェクトで泣かれた私ですが、
日本に帰国してから何人かの赤ちゃんを抱っこしましたが、何故か誰一人泣きません
私に立派な「父親オーラ」が漂ってきた証でしょうか?

数年振りに、嘗てのバンドメンバーが全員揃いました。

DSC_6645.jpg

平日の昼間に。

しかも、2回も。


Vo.のW子女史は兎も角、アラサーの働き盛りの野郎が4人も、
しかも、前日&当日招集で平日の昼間に集まれる
なんて、どういうことでしょう。

どう見ても不審者、若しくはダメ人間共同体ですね。

念のため言っておきますが、一応私以外はみんな働いてますよ。

楽しかったよ。みんなありがとね。

大きくなったK子の姪っ子&甥っ子と一緒に残波岬に
お弁当持ってピクニックに行ったり。

DSC_7883.jpg

以前は、小脇に抱えられたような子が、いつの間にか小学生。
姪っ子のまなかちゃんは女の子ながら虫取りがとっても上手。
駆けっこも学年で3番目に早いという、日焼けで真っ黒のアクティブ少女。
甥っ子のりゅーた君は、まだ保育園に通う甘えん坊盛り。
殆ど人見知りもしない、いい子です。ボキャブラリーも増えて、おしゃべりも達者。
子どもの成長の早さに驚かされますね。

他にも、学生時代をともに過ごした仲間たちと飲み明かしたり、
嘗ての庭だった那覇の街を古い顔を訪ねつつブラブラしたり、
何より、半年振りにK子と一緒にのんびりと過ごしたり、
書き切れない程盛りだくさんな2週間だったのですが、

今回一番の目的は私が沖縄時代一番かわいがっていた
後輩カップルの結婚式に出席する為した。


「俺たち結婚しました。10月に披露宴やるんですが…」
「俺が出なくて、誰が出るんだ!!」


と少々ビールに酔っていたこともあり宣言してしまったのが、6月のエジプト。
そして、モロッコのカサブランカから関西国際空港へフライト。

1年2ヶ月掛けて進んで来た道のりが、たったの2日でチャラかよ!!

と、神にも迫る乗り物飛行機に複雑な思いを抱きながら久々の帰国。そして沖縄。
というわけで、行ってきました。

DSC_7161.jpg

皆様お久しぶり、K子です。

コチラが新郎新婦、田伏裕と遥。

DSC_6758.jpg

さて、ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、
とりあえず、やたらと規模がデカイことで知られる沖縄の結婚式。
今回は沖縄にしてはわりと人数が少ない方でしたが、
それでも200人近い人々が彼らを祝福しに集まっていました。

沖縄らしく伝統衣装の「琉装」での入場。

DSC_6723.jpg

DSC_6688.jpg

沖縄の結婚式では、開演前に着席した時点でテーブルにビールがおいてある為、
とりあえず、席に着いたら「まずは一杯…」
というのが常なので、
式が始まった瞬間から会場が盛り上がっているのが特徴です。
この日は、入場してきた時点で新郎が号泣していたということもあり、
会場の盛り上がりのボルテージはいきなりMAX、爆笑の渦でした。

お色直しの後のキャンドルサービス。

DSC_6800.jpg

そして、ケーキカット。

DSC_6958.jpg

この間に、参列者の挨拶、祝電の紹介他、親族による「かぎやで風」という
目出たい席では必ず踊られる伝統舞踊の披露、友人らによる多数の余興等、
大変にぎやかなのが、沖縄の結婚式。最後はみんなでカチャーシー、
つまり、三線の演奏に合わせて踊り狂い、2人を祝福します。
ホントは写真があったのですが、誤ってその様子の写った写真を
全部消してしまったので、不本意ながら割愛させて頂きます。

内地で「披露宴」というと、どちらかといえば厳粛なムードが漂っていますが、
ここ沖縄ではとっても和やかで賑やか。気楽で暖かい空気が流れています。

さて、実は私。

僭越ながら新郎新婦の「友人代表挨拶」なるものを承ってしまったのですが、
何しろ私、人前でマジメな話しなんてしたことがない上に、この2人。
ヨメの方は兎も角、旦那の方と私の思い出といえば、
とても結婚式会場では言えないようなグダグダなバカ話しと下ネタばかり
「まぁ、何とかなるっしょ」とタカを括っていたのですが、
いざ式まで3週間を切ってみると、ホントに何ともならんことが発覚したのが
モロッコのカサブランカ。

「うわぁ~、どうしよう!!
このままだと、俺のバカっぷりが露呈するばかりでなく、
裕と遥にも大恥かかせちまう!!」

と悩みに悩んだ末、「そうだ、折角だから今の俺にしか出来ないことをしてやろう!!」

と、思い立ち、構想1日、制作3日で作ったのがコチラの作品。
コレを友人代表の挨拶の代わりに、披露宴で流させて頂きました。

それでは、ご覧下さい。



いや~、我ながら付け焼き刃のわりには上手くいきました。
お陰様で会場ではオオウケすることが出来ました。

ただ、撮影がイスラム国家だったこともあり、
被写体の大半がオヤジになってしまったのが難点ではありますが。
最初は恥ずかしがっていましたが、お陰様でみんないい顔してくれました。

新郎は、結局披露宴の間の70%くらいは号泣していました。
↓最後の挨拶でも号泣する新郎。

DSC_7087.jpg

お陰で一番の主役であるべき花嫁の存在感がすっかり食われていました

あんなに花嫁を食ってしまった結婚式を見たのは初めてです。
せっかくドレスがとっても似合っててかわいかったのに。

タブシ!!オマエは最低だ!!ハルカに謝れ!!(笑)

そんなカンジで終始和やかなムードに包まれた結婚式。
2次会は酒飲みの沖縄だけあって、果てしなくグダグダに進行していきました。

ユウ&ハルカ、本当に、本当にオメデトウ!!
いいパパ&ママになって、幸せな家庭を築いてくれい!!


そう、彼らの家庭には来年、新しい命が誕生するそうです。

懐かしい仲間と再会出来るのも、結婚式のいいところですね。

DSC_7164.jpg

みんな元気そうで安心しました。


にほんブログ村世界一周ブログランキング参加中!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ↑ ↑
「面白いじゃん」とか「コイツバカじゃん!!」とか思ったら、
クリックして頂けると嬉しいです。狂喜乱舞します。


      *     *     *     *     *

今回の旅で、資金面で協力して下さっているスポンサー様、
堀明則さんのブログです。

香港で起業した社長の和僑のススメBlog

その堀氏が経営する会社のサイトです。

【ホープウィル投資管理株式会社】
マカオの不動産、資産管理のゲートウエイ企業
Hopewill Investment & Management (Macau) Ltd.
+++++++++++++++
知ってて得する「ファンド講座」ミニ「e冊子」プレゼント
ご希望は fund@hopewill.com まで。
香港、ファンドの魅力をお伝えします。
+++++++++++++++++++++++++++++++
国際電話低料金サービスをご提供しています。
こんな方に・・
「海外とのやり取りの多い企業、また個人の方に」
「海外にご家族やご友人がいて、頻繁にやり取りをされる方に」
◆最大88%OFF!業界トップクラスの低料金サービスを
 24時間均一料金で提供します!
◆登録料・基本料は一切不要!通話料のみのお支払で
 安心してご利用いただけます!
お申し込みはオンラオインですぐできます。 ▼▼▼▼▼
http://www.nittel.bz/idd/iddservice.php?a-cd=202
+++++++++++++++++++++++++++++++

ありがとうございます!!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://3shinjourney.blog62.fc2.com/tb.php/34-53c53c29
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。