上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
何処からともなく声がする。

「現実から逃げるな!!」

ウルサいので耳を塞ぐが、
それでもその声は頭の中にこだまする。

「現実から目を逸らすな!!」

頭を抱えて丸め込むが、それでもまだまだ声は響く。

「現実ともっと真剣に戦え!!」

苦痛に表情を歪める。
そして、「声」が叫んだ。


「何だ、オマエのその
だらしのない体は!!!!」



はい、そんなわけでインドに来てもう少しで2ヶ月が経とうとしています。

約1年半に渡る日本での酒浸り生活で、見事に出っ張ってしまった腹。
叩くと「ピシャーーン!!」という良い音がして揺れます

前回、約3ヶ月に渡るインド、ネパールの滞在で、普通に生活しているだけで
あっという間に5kg以上の体重を減らすことに成功した私。
(後に、『インドダイエット』と命名)
「今回もきっとそんなカンジで、
何もしなくてもバンバン体重なんて減ってくだろう!!」
とタカを括っていたのですが、


全然痩せねー。


前回と同じように、基本的にベジタリアン生活(安いから)。
量だってそんなに食ってないし、プリーから後は毎日動き回っているし、
ビールだって(不味いから)全然飲んでいません。


な の に 、


何で腹が引っ込まねーんだ?

やっぱ、「三十路」っていう年齢のせいか!?
新陳代謝、クソ悪くなってるってことか!?


燃やせ脂肪!!燃えろ脂肪!!

ワッショイ、ワッショイ!!

そんな風に、抱える体の悩みに心湿らせる、
30歳の暑い夏です。


でも、今回は久々の美味い物特集南インド編。
「オイ、オマエ!!ちっとも反省してねーじゃねーか!!」
という声は無視して、
北インドよりも俄然美味しい、南インドの食の数々を皆さんにご紹介します。

•ミールス

DSC_3257.jpg


前々回のブログでも少しご紹介した、南インドの定食。
バナナの葉っぱを皿代わりに、手でワシワシと食べるのが南インド流。
写真のものは、ベジミールスで、米の一緒に、豆粉の煎餅「パパド」
酸味が食欲をそそる酸っぱいカレー「サンバル」
タマネギと野菜のマサラ炒め「ポリヤル」
マンゴの漬け物「アチャール」の3種類が添えられています。
これを下品にグチャグチャとかき回して食うのが、堪らなく美味いのです。
北に比べれば味付けはずっとマイルド、かつ複雑で、日本人好み。
しかも、全ておかわり自由という太っ腹なスタイル。
おかずや米が無くなると店員がバンバン足してくれます。
値段も、これだけのボリュームで、安ければ60円程度
貧乏バックパッカーの救いの神です。

ちなみに、これは品数の少ない庶民向けバージョン。
少し豪華なものになると、魚のカレーや肉のカレー、
ダヒー(ヨーグルト)やデザートまで添えられたものまであります。

↓魚カレーの付いた、ケーララスタイルのミールス。

DSC_4988.jpg


•ドーサー

DSC_1970.jpg


米粉と豆粉を使って作る、薄焼きのクレープ。ベジフードです。
「南インドでの俺の主食」といっても過言ではない程、
ハマりにハマりまくった、美味しい南インドの軽食です。
クリスピーな生地に、ココナッツのソースとトマトのソースを
たっぷりと掛けて食べます。東海岸だと、さらにサンバル(酸っぱいカレー)まで
付いてきて、値段は安い店だと僅か10Rs(約20円)程度
朝メシだったら、コレ1枚で十分お腹一杯になる程ボリューミー。
中にマサラで味付けをしたジャガイモを入れた「マサラドーサー」
バターを塗り込めて焼いた「バタードーサー」など、種類も豊富。
私のお気に入りは、タマネギのみじん切りがたっぷり入った「オニオンドーサー」
それにしても、マハーバリプラムで毎日食ってたオニオンドーサーは最高だったなー。

DSC_3166.jpg


•イドリーとボンダー
DSCN0499.jpg


米粉を使って作る、酸味のある蒸しパン「イドリー」と、
かき揚げと揚げパンを足して2で割ったような「ボンダー」
両方とも南インドの定番朝食兼、軽食です。両方ともベジフード。
イドリーにはドーサーと同じく、ココナッツのソースを掛けて食べるのが一般的。
ボンダは味がついているので、そのままでも良し、ソースに浸しても良しです。
運良く揚げたてを食べられたらラッキー。クリスピーな表面が最高です。

余談ですが、「イドリー」という単語は、西インドのラジャスターン語だと
「ケツのあ…」いや、下品なのでこれ以上はやめておきましょう。

•ビリヤーニー

DSC_3303.jpg


北インドでも定番の、インド式カレーピラフ
ただし、南インドのビリヤーニーには、タマネギのココナッツミルク和えと、
店によっては更に、トマトベースのマサラソースが付いてきます。

これがまた、美味いんだなー。ビリヤーニーの辛さを、
ココナッツミルクが和らげてくれて、脂っこさをタマネギが中和してくれます。
酸味の効いたマサラソースが、これまたいいアクセントになってVery Good。
北インドのビリヤービーよりずっと複雑な味付けで、毎日食べてても飽きが来ません。
卵が入った「エッグビリヤーニー」、チキンの入った「チキンビリヤーニー」
ケーララだと牛肉の入った「ビーフビリヤニー」まであり、種類も豊富です。


•ビーフフライ

DSC_4669.jpg

嘗てオランダ統治下にあり、キリスト教文化がどっしりと根付いた、
ケーララ州の伝統料理。ヒンドゥー教徒は牛は食べないですからね。
牛肉をスパイスとココナッツミルクでつけ込んだ物を炒めた料理。
どちらかといえばビーフジャーキーにも近い食べ物で、
ビールのつまみとしても最高でしょう。インドビールが不味いのが難点ですが…。
日本だと肉の中では一番高級な牛肉ですが、インドでは一番安く食べられます
野菜のカレーなどと一緒に食べると立派なディナーになります。

•パラーターとバターチキン

DSC_3859.jpg

インドでは基本ベジ生活を送っている私ですが、
たまには肉も食わないと体力もなくなってしまいます。
さて、カレー文化がこれでもかという程花開くインドの中でも、
ちょっと贅沢な逸品として人気なのが、このバターチキン。
バターをたっぷりと使ったトマトベースのカレーに、
タンドゥーリーチキンが入った、マハラージャーな雰囲気のカレーです。
安い店にはないので、食べたければ少し奮発してちょっといい店に行きましょう。

…といっても、50円だった食事代が200~300円になる程度ですが。

パラーターは、南インドの定番のパン。
ギー(精製したバター)を塗り込んでこね上げた小麦粉を、
パイ状に焼き上げたもので、表面のパリパリした食感と、
中のモチモチした食感のギャップが病み付きになります。
マレーシアでも主食として広く出回っており
「ロティ(ヒンディーで『パン』の意味」と呼ばれて親しまれています。


ちなみに、コーチンでは魚市場で名物の魚を買って、
近くのレストランに持ち込んで調理してもらうことも可能
です。
インド料理だけでなく、材料さえあればあらゆるリクエストに答えてくれます。
昨晩は40cm大の肉厚なハタと、テナガエビを6匹買ってレストランに持ち込み、
ハタはバター、レモン、ニンニクのソースで鉄板焼きに、
海老はケーララスタイルのカレーにしてもらいましたが、
非常に美味でした。
これに、サラダとライス、パラーターを付けて、
それでも値段は全部合わせて2人で1000円程度
1人たったの500円で最高の贅沢が味わえるので、
たまには奮発してみるのもいいのではにあでしょうか?

DSC_5198.jpg

照明のせいで、美味しそうな写真が撮れなかったのだけが、
唯一の難点でした。



そんなカンジで、南インドの美味しい料理の数々、如何だったでしょうか?

ちなみに、南インドに限らずインド全体に共通して言えることなのですが、
レストランの味と値段は、
総じて比例しています。

つまり、

高い店に行くと美味い

安い店だと、あまり美味くない


ということです。

まぁ、ごくまれに例外もありますが、
単純に、安い店はマサラや材料をケチるのに対して、
それなりに高い店はマサラも材料も惜しまずに使うので、
味が濃厚で香りも豊かになります。
よくバックパッカーの間で「インド、メシがあまり美味くない…」という話しを聞きますが、
それは、ただ単純に「食費をケチり過ぎてる」ということもあるかと思われます。
なので、ホントに美味しいインド料理が食べたければ、
しっかりした設えの、やや高い店に入ってみることをオススメします。

ただ、南インドは安い店でも美味しいですよ。

そういった意味でも、南インドはとっても旅がしやすいと思います。

そんな南インドもあと僅か。
今晩、嘗てのヒッピーの聖地「ゴア」に移動。

そして、その後はいよいよ、西インドに向けて舵を切ります。


サラバ、愛しのコーチン。

DSC_4877.jpg



 ーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーー

にほんブログ村世界一周ブログランキング参加中!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ↑ ↑
「面白いじゃん」とか「コイツバカじゃん!!」とか思ったら、
クリックして頂けると嬉しいです。狂喜乱舞します。

 ーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーー
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://3shinjourney.blog62.fc2.com/tb.php/106-6b736e7e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。