上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本に帰って、早いもので1週間が経過しました。

つい1週間前まで、自分がカサブランカの雑踏の中にいたこと、
去年の今頃はベトナムで迫り来るバイクの波にヒヤヒヤしていたこと、
クリスマスをコルカタの宿で多国籍な酔っ払いたちと祝い、
極寒のダージリンで凍えながら薪ストーブの前で年を越したなんて、
何だか遥か遠い昔の出来事であるかのようです。

それでも、目を閉じれば直ぐに思い出すことの出来る
情景や匂い、味や人々の笑顔が、その記憶がまだ
色あせていないことを物語っています。

嗚呼、今もこうして鮮明に思い出す。

インドの列車の中、鼻にかかる間抜けな声のオヤジの


「チャーイチャーイチャーイチャーイ!!!!」


という掛け声。

インドを旅したことある方は、今頃パソコンの前か、携帯の前で
爆笑していることだろう
と思います。あの声だけは忘れることが出来ません。
「コフィコフィ!!コフィ!!」と忙しく叫びながらコーヒーを売るオヤジも
いますが、チャイ売りオヤジの声のインパクトに比べれば屁みたいなもんです。

「早く次の旅に出たい!!」と思う反面、「日本もステキな場所だなー。
もっと日本について知りたいなー」と思ったりもします。

そんなステキな岐阜県。

DSC_6153.jpg

いつの間にか、岐阜駅前にあまり出来映えの良くない、
エライこと成金趣味の黄金・織田信長像
が立っていました。

先日、沖縄から私の地元、岐阜に引っ越してきた
大学時代の同級生と黒壁の街並とガラスで密かな人気を集めている、
滋賀県の長浜市に行ってきました。

「えっ?岐阜の話しじゃないの?」っていう質問はナシです

DSC_6188.jpg

街の中に、琵琶湖へと注ぐきれいな小川が流れており、
古風な作りの木造家屋が石垣と一緒に川沿いに並びます。

豪奢な門構えと、太い柱が立派な大通寺。

DSC_6168.jpg

DSC_6163.jpg

日本の古い建物って、海外のような単純な大きさや、
豪華さ、色彩、などの単純で分かりやすい「スゴさ」はないですが、
やはり、日本特有の「ワビ・サビ」とでもいうのでしょうか?
赤、黄色、青の原色の色彩があまり見られない代わりに、
木の自然の木目を最大限に生かした柱や彫刻、
見れば見る程に徐々に分かってくる(例えば、彫刻の力強さだったり、
屋根や梁のカーブだったり、使用されている木材の立派さだったり)、
染み出すような味わい深さだったり、
例えて言うならば、外国の建築物を「動」、或は「激」だとすれば、
日本古来の建物はまさしく「静」、或は「流」とでもいえるのではないしょうか?

「風の如く流れる」と書いて「風流」
そんなカンジのさりげない美しさが秘められているように思います。

が。

久しぶりの旧友との再会で、おしゃべりに忙しく面倒になってしまい、
この日は殆どカメラを取り出すことなく1日が終わってしまいました。

なので、街中の写真が1枚もありません。

スミマセン。

嘗て、楽市楽座として賑わったこの地の風景を彷彿とさせる
整然と並ぶ黒壁に瓦屋根が鈍く光る街並、土産物屋に並んでいる
名産品のガラスも、今風のデザインのかわいらしいものが多く、
ディスプレイの仕方、店の照明等もとってもオシャレ。
風流なだけではなく、ただ、見て歩いているだけで楽しくなる街ですよ!!

そうそう、先に予告しておきますが、「日本の街並」ということで、
次回のブログは岐阜が誇る観光名所、郡上八幡の写真レポート
お届けします。まだ写真を編集中なので、暫しお待ちを。

DSC_6286.jpg

さて、嘗て岐阜にいた頃、私は自他ともに認める釣りバカ少年でした。
何しろ、高校を卒業するまでの小遣い、お年玉等の収入の95%を
釣り道具にブチ込む「釣りバカ」を通り越した「釣り狂」少年

お陰でちーーーーっともモテませんでしたが(今でもモテないけど)。

そんな私が、如く足しげく通ったのが、滋賀県の琵琶湖。
近所の釣り具屋に集まるバス釣り好きの大人たちに混じって、
毎週の如く何本も釣り竿を持って深夜の湖畔に立ったものです。

そして、ここ長浜もそんなホームグランド的釣り場のひとつ。

久々に対面した琵琶湖。

DSC_6219.jpg

釣り竿を持ってきていないのが、とっても残念でしたが、
それでも、夕日暮れなずむ初秋の琵琶湖は、美しさも一塩でした。

それにしても、

やっぱ日本はでーらメシが美味いがね!!

先日は名古屋が全国に誇るトンカツの名店「矢場とん」にて、
待望の「大好物」味噌カツを食ってきました。

DSC_6149.jpg

いやぁ~、やっぱコレを食べんと地元に帰ってきた気がせんがね!!
サクサクのトンカツに、たっぷりと掛かった丸大豆の赤みそベースの、
濃厚で甘辛い味噌ダレ。名古屋以外の方々に言わせれば、この味噌ダレ、
邪道だの何だのと賛否両論ですが、いやいやいやいやいやいや、
何をおっしゃいますか。コレの美味しさが分からん人は、
人生で1コ損しとるのと同じだがね!!
「名古屋&東海の味」といえばコレだでよ!!
おでんにだってかけちゃいます!!
そのままご飯にのっけて食べちゃいます!!
東海は美味いもんがいっぱいだがね!!
きしめんも忘れとったらいかんでよぉ!!

DSC_6145.jpg

そんなわけで、相変わらず食意地だけはモリモリ全開な私ですが、
もう少しで今乗っている飛行機が那覇に付きそうです。

そう、私は今、嘗ての古巣であり、第2の故郷でもある、
沖縄へ飛ぶ飛行機の座席に腰掛けながら、この日記を書いているのです。
ちなみに、ただいま機内は現在南大東島近くに接近中の
「猛烈な」台風18号の影響で、かなり揺れています。
果たして私は無事に那覇の土を踏むことが出来るのでしょうか?

このブログがアップ出来ているということは、
とりあえず、無事に到着することが出来たということが出来…

おっと、今「ガクン、ガクン!!」と大きく揺れたよ~!!

今はまだいいけど、これから高度を下げるにあたってドキドキだぁ~!!

ということで、皆さん、沖縄で会いましょう。


さーて、付いたらソッコーで北谷の「浜屋」で、
軟骨ソーキとゆし豆腐がたっぷり乗っかった「ゆし豆腐そば」食うぞー!!


追伸:無事に着きました。「浜屋」に直行しましたが、
   残念ながら「ゆし豆腐そば」は売り切れ。代わりに、
   トロトロの軟骨ソーキが乗っかった看板メニュー「浜屋そば」を頂きました。
   やっぱり沖縄そばは最高さぁ~!!

にほんブログ村世界一周ブログランキング参加中!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ↑ ↑
「面白いじゃん」とか「コイツバカじゃん!!」とか思ったら、
クリックして頂けると嬉しいです。狂喜乱舞します。


      *     *     *     *     *

今回の旅で、資金面で協力して下さっているスポンサー様、
堀明則さんのブログです。

香港で起業した社長の和僑のススメBlog

その堀氏が経営する会社のサイトです。

【ホープウィル投資管理株式会社】
マカオの不動産、資産管理のゲートウエイ企業
Hopewill Investment & Management (Macau) Ltd.
+++++++++++++++
知ってて得する「ファンド講座」ミニ「e冊子」プレゼント
ご希望は fund@hopewill.com まで。
香港、ファンドの魅力をお伝えします。
+++++++++++++++++++++++++++++++
国際電話低料金サービスをご提供しています。
こんな方に・・
「海外とのやり取りの多い企業、また個人の方に」
「海外にご家族やご友人がいて、頻繁にやり取りをされる方に」
◆最大88%OFF!業界トップクラスの低料金サービスを
 24時間均一料金で提供します!
◆登録料・基本料は一切不要!通話料のみのお支払で
 安心してご利用いただけます!
お申し込みはオンラオインですぐできます。 ▼▼▼▼▼
http://www.nittel.bz/idd/iddservice.php?a-cd=202
+++++++++++++++++++++++++++++++

ありがとうございます!!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。