上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
島の朝は遅い。

いや、厳密に言うと島の人たちは早いのかもしれないが、
俺をはじめ、旅行者たちの朝は遅い。


理由は至って簡単。
早起きする理由がないからだ。


太陽がやや高く登り始め、
トタン葺きの屋根に燦々と陽光が降り注ぎ、
ベッドで寝ていると暑くてしょうがない頃になり、
漸くのそのそと起き出す。


顔を洗って、そのまま近所のパン屋へ。
モッチリとした食感と素朴な甘さが絶妙な島の名物
「パン•デ•ココ(ココナッツパン)」と、
100%果汁のパイナップルジュースを買い、
そのまま宿へとんぼ返り。

Mr. Cool Ruler"Gregory Isaacs"のアルバム「Extra Classic」を
パソコンから流しながらバンガローの軒先で遅い朝メシ。

DSC_7190.jpg


♪I'm alright~♪alright~♪alright~♪

最高にsweetでdandyな歌声、slowlyでromanticなジャマイカのメロディーに合わせて
ロッキングチェアーをユラユラさせていると隣りの部屋の黒人旅行者が
タバコに火をつけながら起きてくる。

「Yah-man。グレゴリーの"Loving Pauper"か。朝にはナイスチョイスだな」

「Yah-man。もう朝って時間じゃないぜ~」

「俺たちは起きた時間が朝だろ?」

「だな~、間違いないな~」

そんな会話で1日が始まる。


朝メシを食ったらのんびりと島を散歩。
テクテクと歩いてビーチの方へ。
すれ違う島の人々と「Hola~」と挨拶を交わしながら、
果てしなく青い空の下を、日本の半分くらいのスピードで歩いていく。

うん、今日も海は贅沢なくらいきれいだ。

DSCN7569.jpg

ちなみにこの島にいる時は24時間、殆どTシャツと海パンで生活。
泳ぐのはモチロン、寝るのも、散歩するのも、メシを食う時も、海パン。
濡れても履いていれば勝手に乾くし、洗って干しておけば2時間もすれば
乾いた島の風がパリっと気持ちよく乾かしてくれる。

パンツもいらないカリブの島生活。

simple is vest.

Very simple is luxury.


ひと泳ぎして近くの売店で缶ビール。
軒先のハンモックに揺られながらポンコツラジオから流れる
スペイン語の古いカリビアンミュージックに身を任せる。


♪Guantana~mera♪ Waira guantana~mera♪


島にはユルい音楽が似合う。



わっはっはっはっは



あまりにも素晴らしい生活過ぎて、無意味に笑えてくる。
これからの中南米のサバイバルも、スペイン語の勉強も、日本での将来も、
電話もテレビもインターネットも、ここでは遥か1万光年の彼方。

とりあえず、今ある真実はハンモックとビールと、
心地の良い音楽と、サングラス越しに飛び込んでくる木漏れ日のみ。
持参してきた池澤夏樹のステキな南の島の物語でさえ、
ちっともページが先に進まない。

本さえいらないカリブの島生活。

DSCN7560.jpg

宿に帰ると家玄関先のテラスに吊るされたブランコベンチに
オーナーのおじぃとおばぁが置物のように仲良く並んで
何をするでもなく表通りと目の前の大きなマンゴーの木を眺めている。
宿代を払う為に高床式になった家への階段を登る。

「おばぁ、宿代払いに来たさ~」

「いつもありがとうね~。何か困ったことはないね?」

「大丈夫だよ~。ありがと~」

「はいはい、今お釣り持ってくるさ~ね~」

「おじぃ、今日も暑いね~」

「…はぁ?何だって?」

「おじぃ、今日も暑いね~!!」

「あ、あ~あ~、おじぃはずっと日陰にいるから暑くないさ~」


まるで沖縄の離島。

これ以上のレベルはない程にのんびりとしたおじぃとおばぁは、
御年91歳と81歳。おじぃは多少耳が遠くて足腰も不自由みたいだけど、まだまだ達者。
おばぁは元気そのもの。2人ともスペイン語と英語(どっちがネイティブか分からないけど)
自在に操るバイリンガル。窓から覗く部屋の壁には、若かりし頃の2人の写真が
ちょこんと飾られていた。「60年前さ~」とシワシワの顔を更にシワシワにして
おばぁが笑いながら釣り銭を持って戻ってきた。


暑い国では年寄りも元気でのんびり。


部屋に戻り扇風機を最強にして昼寝。
BGMは"Ziggy Marley"のアルバム「Dragonfly」。

♪Gut you be~ true to myself♪Gut you be true to myself♪

気分はまるでジャマイカ。


2時間程午睡の夢を貪り、再び海へ。
学校を終えた子どもたちと一緒に遊ぶ。島の子どもたちは好奇心いっぱい。
全然人見知りすることなく、人なつこくてとっても元気。
カメラを向けると、みんな歯を剥き出して満面の笑みで答えてくれる。

RIMG0046.jpg

キャーキャーとビーチに子どもたちの笑い声が響く。

男の子も、女の子も、みんなまつ毛が長くて目が大きく、彫りも深く、
「きっと美男美女になるんだろうな~」と否応無しに思わせる程整った顔をしているのだが、
島の大人たちの殆どはムイ•グランデ(超巨大)。

DSC_7205.jpg

巨大な腹とケツをゆっさゆっさとさせて、
バイクやバギー、或は電動カートでのんびりと島を駆け巡る。
「何を食ったらこんなにかわいいこどもたちが、
こんなに巨大化してしまうのだろう?」と疑問を抱かずにはいられない。
トウモロコシと豆のせいだろうか?それとも肉か?

1週間ばかり島にいて結局真相は謎のままだった。

RIMG0052.jpg

日も傾き出した頃になると、ビーチには大量のサンドフライ
(本当に砂のように小さな虫。蚊やブヨのように刺してくる。メチャメチャ痒い)
発生するので、そうなる前にそそくさと退散。

帰り道に島で唯一、自転車でアイスクリームを移動販売している
白人系のおにーちゃんとすれ違ったので、
色んなフレーバーがミックスされたアイスクリームを買う。


「はいよ」と渡されたアイスは、
食べる前からドロドロに溶けていた。


「暑いからね~」


と笑いながらアイスをよこすおにーちゃんの手に、
最早ミックスされ過ぎて良く分からない色になってしまった
サイケデリックな「元」アイスの液体が滴り落ちる。


うーん。


それを売るのか…


と思いつつも、
そんなことさえ大した問題ではない気がしてアイスを受け取る。
「元」アイスの液体が容赦なく垂れ、俺の手をベトベトにしていく。
ドロドロになった自分の手をベロベロと舐め、そのままアイスをベロベロ。


とりあえず冷たいし甘いから、まぁいいか。


島では心も寛大になるのだ。


やがて西の空がオレンジ色に染まり出した頃、
島の桟橋に夕日を見に行くと、子どもたちが船の上から飛び込みをしていた。

DSC_7210.jpg

操舵室の屋根から海面までは7、8m程。
大きなおにーちゃんたちは迷いなく、胸を張り出して軽快にジャンプ!!
小さな子どもたちは、少し躊躇しながらもピョコンとジャンプ。
ザッパーーーンという快音とともに波一つない凪いだ船着き場に
大きな水しぶきが上がる。

俺も一緒に飛ぶことにした。

P9233561.jpg


オレンジと青と紫のどんな宝石よりも美しい原色の美しい夕焼けが
スローモーションで目に焼き付いた。


子どもの頃に見たような、大きな夕焼けだった。



DSC_7222.jpg




ドッパーーーーーーーン!!!!



カリブ海の小さな島に、一際大きな水しぶきが上がった。

水面に顔を出すと、真横で中学生くらいの少年が笑ってこっちを見ていた。


「Nice Jump!!」


親指を立ててニヤリと笑った。


 ーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーー

にほんブログ村世界一周ブログランキング参加中!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ↑ ↑
「面白いじゃん」とか「コイツバカじゃん!!」とか思ったら、
クリックして頂けると嬉しいです。狂喜乱舞します。

 ーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーー
スポンサーサイト
名も知らぬ遠き島より
流れ寄る椰子の実ひとつ
故郷の海を離れて
汝はそも波に幾月
       by 島崎藤村


はぁ…



………



あ、毎度。

皆様お久しぶりです。

気付けば3週間振りのブログにってしまいましたが、
皆様以下が皆様如何お過ごしだったでしょうか?


私三線マンはというと、
グアテマラのアンティグアにて
現在楽園ボケの真っ最中です。

このサボりにサボった3週間。
まぁ、色々あったのですが、何をしていたかというと、
一番近いイベントだと、寒い寒いアンティグアを離れて
10日間程グアテマラ隣国のホンジュラスの小さな島、
ウティラ島何もしない最高のリゾート生活にて骨の髄まで浸っていました。



いやぁ~、



マジで良かったわ。



だって、



見てよ、コレ。

DSCN7552.jpg

しかも、


カリブ海だよ、


カ   リ   ブ   か   い



響きだけでもステキでしょ?

当初の予定では

「ビーチでビール飲みまくって、レゲエとサルサのリズムに体感を振るわせ、
Tバック&極小ビキニのボニータたちをこれでもかという程眺めて、
眼帯と海賊帽を買ってパイレーツ•オブ•カリビアンごっこをして、
「ジャック•スパローーー!!!!」と奇声を上げながら島をバイクで疾走し、
カリブ最高!!カリブ海最強!!ベイベー!!ミアモ!!
フェリシタシオーーーーーネス俺!!!!


なんて、ハイテンションな生活を送ろうと思っていたのですが、
あまりにもユルく、ノンビリして、そして何よりも
心地の良過ぎる島の生活に見事に骨抜きにされてしまい、
今まで訪れた場所の中で一番何もしない生活を堪能してしまいました。



アンティグアから島までの道のりはナカナカハード。
朝4時に「シャトルバス」とは名ばかりの
トヨタのハイエース(ヘッドレストなし。座席硬し)に詰め込まれ、
そのまま走ること通常は5時間余り。
私は道中崖崩れに阻まれ、6時間半
しかも、目の前で大小様々な岩がゴロゴロと頭上から転がってくる大変危険な状況。
島に辿り着く前に「グアテマラで崖崩れに巻き込まれ邦人男性死亡」
なんてことになるんじゃないかとヒヤヒヤしましたが、何とか通過。

尾てい骨と首の骨が疲労骨折しそうになる頃
シャトルバスはユルい雰囲気の国境に到着。
荷物検査も何もナシで、ホンジュラスに入国。

DSCN7542.jpg

そういえば、アメリカ大陸初の国境越え。


今まで通過した国境の中でも、
一番緊張感がありませんでした。


ちなみに、午前10時半頃、
国境でのシャトルバスの運ちゃんと私との会話。


「おにーちゃん、何処まで行くんだい?」

「ウティラ島だよ。今日はラセイバまで行って、明日島に行くさ」

「スマン、ラ•セイバまでの午前のバス、
もう行っちまったわ

「…次のバスは何時?」

「2時半」


「……そッスか」



国境に程近いコパンルイナスの町で無駄に4時間半待ち

30分程で町の全ての観光を終了し、
あとはカフェでレモネードをジュルジュルと啜りながらひたすら時間潰し。


ホンジュラス…


いい天気だな~。


DSC_7151.jpg


更に30分遅れで到着したバスに乗り込み、
途中バスを乗り換え更に行くこと8時間。

島への起点となる港町、ラ•セイバに着いた頃には時間はとっくに夜。
当初予定していた宿に行ってみたところ、3倍近い値段をふっかけられ、
「誰がテメーんとこなんかに泊まるか!!バカ!!潰れろ!!!!」
と呪いの言葉を吐き捨てて、ビッチとヤンキーが路上で踊り狂う
リアル「北斗の拳」のような街を彷徨うも
(モチロン、タクシーでだけど)何とか寝床を確保。

五体満足で眠りにつけたことを神に感謝し就寝。
翌日、朝一で町外れのフェリー乗り場へ。

ベタ凪の割にはバウンバウンと船首の揺れる、
けっこうレベルの高いゲロ船に揺られること1時間。

DSC_7167.jpg

初めてのカリブ海を船上から堪能することなく、
若干グロッキーになりかけた頃、船はゆっくりとウティラ島の桟橋に接岸しました。

桟橋の足下の海はクリアグリーン。
透明度がかなり高く、水深10m程の海底が見えています。

燦々と降り注ぐ太陽、カラッとした空気。
ブーゲンビリアの花が咲き乱れる小さなウティラの村。

DSC_7186.jpg

家々の軒先では、島のじーちゃんばーちゃんたちが
ベンチに座って何をするでもなくのんびりと空を眺め、
覆い繁る木々にはバナナやマンゴーがたわわに実り、
たくさんの鳥たちが空を舞い、子どもたちが無邪気にはしゃぎ回り、
水着姿の旅行者たちが自転車でのんびりと道を行く、
とってもスローな雰囲気の島です。

DSC_7175.jpg



目星をつけてあった宿に荷物を放り込み、早速海へ。







初めてのカリブ海。







わっはっはっはっはっはっは。








キレイ過ぎて笑うしかないわ。



DSC_7172.jpg



乾いた日差しが作り出した濃い日陰に腰掛けて、とりあえずビール。







わっはっはっはっはっはっは。








気分良過ぎて笑うしかないわ。




DSC_7178.jpg



そんなカンジで始まったカリブ海の楽園生活。



そろそろ晩メシの時間で腹も減ってきたので次回につづく。


DSC_7204.jpg



 ーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーー

にほんブログ村世界一周ブログランキング参加中!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
 ↑ ↑
「面白いじゃん」とか「コイツバカじゃん!!」とか思ったら、
クリックして頂けると嬉しいです。狂喜乱舞します。

 ーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーーーー☆ーー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。